top of page

よくあるご相談

 

こちらでは、塾を選ぶ際に役立つと思われる情報を掲載します。

ご自身の状況や要望にあった塾を選んでください。

 

Q:個別指導の方が良いのですか?

A:絶対にこれが良いというものはありません。

  それぞれ長所・短所があります。

  少なくとも、高校や大学の一般講義などは

  集団形式ですので、それについていけるように

  訓練は必要と思います。

  個別指導に慣れすぎると、集団指導についていけません。

  つまり、

  学校の授業で「ただいるだけ」の状態になる可能性もあります。

  集団授業についていけるだけの勉強をするということは

  とても大切です。

  偏差値・学力の高い生徒がほとんど集団形式にいる

  ということは、それなりの理由があるのです。

  また、個別指導はその子のペースに合わせるので、

  受け手(生徒)がのんびりやると、一向に進まなくなることも。

  質問をしやすいのが個別指導や家庭教師ですので、

  個別指導の場合は、あらかじめ予習をしておき、

  不明な点を徹底的に質問するのが、理想的な利用法です。

 

Q:集団だと質問できないのでは?

A:多くの集団形式のところでは、

  授業の前後に質問できるようになっています。

  「自分から質問できない」という子がけっこういますが、

  その姿勢で良いのでしょうか?

  「誰かが助けてくれる」「助けてくれるまで待っている」

  その姿勢で学力が上がりますか?

  学生の時に、自ら飛び込んで学ぶ姿勢を身につけなければ

  大人になってからどうするのでしょうか?

  これからはAI(人工知能)によって、

  単純作業はますます機械化されていきます。

  機械をコントロールする側にならないといけません。

  人間にしかできないことを要求されます。

  プログラミングされるのを

  待っているような「人罪」は必要とされないのです。

  自ら探究する「人財」になり、

  必要とさせる人格になる訓練をするべきです。

  質問に行って、怒られることはありません。

  わからないから聞いているのですから。

  「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」です。

  積極的に学ぶ姿勢を身につけましょう。

 

Q:うちの子、家で勉強しないんです。

A:基本、家で勉強する子なら、塾には通いません。

  まずは、「勉強『しなければならない』環境」を整えて下さい。

  本人のためならば、時には強制も必要です。

  多くの学習塾では、自習室を設けております。

  この自習室を活用しない手はありません。

  ただし、必ず「監督者が常駐しているか」を確認して下さい。

  ただの遊び場になっている場合もあるからです。

Q:勉強の仕方が分からないのですが。

A:厳しいことを言います。

  この言葉はよく言われるのですが、

  正直に申し上げますと、

  この言葉を言う子は、基本、勉強していません。

  自分に合った勉強法がわかるほど、

  いろいろな勉強の仕方を試していない、

  つまり、それほど勉強していないのです。

  では、なぜ「勉強の仕方が分からない」と言うのか?

  それは

  これを言い訳に勉強したくないからです。

  わからないからできません。

  だから、やらなくていいでしょ!

  ということです。

  塾に通わなくても、

  教科書を読む、学校のワークを何度もする、

  プリントを解き直す、など、

  やれることはいくらでもあるのです。

  でも、やらないのです。

  やらないから、余計にできなくなるのです。

  まずは勉強すること。

  その中で、自分にあった方法を見つけていく。

  それができるようになれば、

  社会に出ても立派に勤めを果たすことができるでしょう。

Q:塾に通い始めるのは一年の中でいつが良いのでしょうか?

A:もちろん、思い立った時ですが…

  基本的に、どの学習塾も年間計画があります。

  それは、たいてい、春期講習が起点になっておりますので、

  春期講習のタイミングからが一番良いかと思います。

  また、春期講習ですと、無料で受講できることが多いです。

  (ただし、入塾・入会が前提ですが)

  学び屋は講習への考え方が、他とは違いますので、

  講習期間の無料体験は行っておりません。

bottom of page