top of page
  • 学び屋塾長

そう簡単ではない

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


桜がまだまだきれいです。


コロナ感染防止で

学校が休校になって以来、

著名人から

教育への提言が

なされています。


オンライン授業の導入

です。


一概に

良いとも言えないし

悪いとも言えません。


それは

年少者への

教育の難しさが

あるからです。


まず、

メリットとしては

コスト削減が可能なこと。


オンライン授業を

導入すれば

基本

教師は不要になり、

行政の大幅なコスト削減が

可能となります。


勿論、

失業者が大量に発生する

という問題は

新たに出てきますが。


また、

全国一律で

同様に進められるので

公平性は

保たれてきます。


しかし、

私は現実的ではない

と思います。


まず、

東進やリクルートのように

サテライト放送

アプリでの授業

を受講して

成績が上がる子は

・目的が明確である。

・自分から学ぶ習慣がある。

の2点を

最低限持っている子

です。


これは

本当に

極々一部の子。


百人いて3人いれば

良い方です。


特に地方では。


逆を言えば、

ほとんどの子が

学校へ何をしに行っているのか

ただ通っているだけ、

ただそこに居るだけ

なのです。


こういう子に

オンライン授業のような

人とつながらない授業

(無線授業と言います)

は、

増々

学力を下げることになる

ということなのです。


できない子ほど

できるようになるまでに

手厚い

有線授業が必要

なのです。


これが

教育の難しいところ。


私も

学校の必要・不必要は

0(ゼロ)から考え直すべき

常々言っていますが、

有線指導を必要とする子が

今の日本には

余りにも多すぎます。


企業のテレワークも

同じなのです。


テレワークに切り替える

良い機会だ

なんて

簡単に言ってますが、

今の日本の

ほとんどの仕事は

テレワークが出来ない仕事

なのです。


勿論、

無駄以外の何もでもない

しょ―もない会議は

テレワークに…

いや

それ自体なくせばいいけど。


日本人のほとんどが

ITの仕事なら

それも可能でしょうけど、

生活を支える仕事は

すべて

人の手によって

人とつながることで

出来ています。


改善は必要。


でも、

人のつながりが必要なものは

メディアが安易に言うほど

少ないわけではないのです。


できることを

自分の力でやる。


それ自体を

教え導く人が

どれほど

必要とされているか。


この長い

休校のつけは

必ず

子どもたちに

子どもたちの未来に

やってきます。


そうならないために

今、自分ができること、

子どもたちに

何をどうすべきか

確実に

伝えていきたいと

思います。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 コロナに負けず がんばれ受験生! もうすぐ 冬期講習です。 (・∀・)ニヤニヤ まあ 一番しんどいのは 年を取ったことを 痛感している 私(笑)。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 目下 中3生は 予習に励んでおります。 今年は じっくり 詳しく やっていくように しております。 中2・中1生は 冬期講習をしませんので 通常授業です。 学び屋は 基本 学校が

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今度は クリスマス寒波 らしい。 学び屋の周辺では コロナが猛威を ふるっております。 罹っている人の 話を聞くと 人それぞれ。 重い人もいれば 風邪程度の人も。 ワクチンは ほぼ関係ない というより 今の主流の変異株には 前のワクチンは あまり有効ではない ということか? 第7波が 収束するころに 医師たちが 感染症対策を しなくてもいい というよう

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 吹雪いたりする。 共通試験まで 1カ月切っております。 受験生は 赤本とか 過去問を 復習しているかと 思います。 復習ですよ。 今頃1回目では… さて、 模擬試験の方は どうでしょうか? 大学入試の場合、 マークシートや オープンテストの 模擬試験は ほぼ確実に 予想問題 となっております。 ですから しっかり 復習して 身につけておくべき。 高校入

bottom of page