top of page
  • 学び屋塾長

もっと脳を鍛える訓練を

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


小学校の学習内容って

とても大事です。


と言うより、

12歳までに

どれだけ

脳を鍛え

訓練するか

ということが

大事です。


だから、

考えなくて済む

計算問題ばかりやったり、

漢字「だけ」練習したり、

英単語「だけ」練習したり

というのは

脳の育成に

なんら役に立っていないので

できるだけ

その時間は

削った方がいい。


だから、

算数の授業も

算数の宿題も、

国語の授業も

国語の宿題も

もう少し

考えてもらいたい。


英語は小学校には

必要ない!


その分、

もっと考える時間を

増やした方がいい。


算数は

あまりにも

小学校から

パターン演習を

し過ぎている。


パターン演習しか

やっていない

ということも。


それでは

いくら

算数の時間を

増やしても

計算練習しているだけ

と同じこと。


もっと

情報整理の仕方

とか

アプローチの仕方

などを

訓練しないと

意味がない。


こういうところ、

指導していきたいなあ…


ああ…


小学生部門…


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page