top of page
  • 学び屋塾長

やっぱり教育は難しい

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


つくづく

思うのです。


人を育てるって

難しいって。


ま、

万人に共通の

育成方法が

確立できたなら、

ノーベル賞以上の

価値がありますが。


どこぞの大手や

どこの学習塾でも

「やる気にさせます」

「やる気が出ます」

「自分で進んで勉強するようになります」

とか

言っておりますが、

それは

誰でもがそうなる

わけではない。


瞬間的な

やる気には

簡単になれますが、

持続しないのが

問題なのです。


持続して

継続的に

自分からやるようになるには

1:心から成し遂げたい目標

2:劇的な成功体験

が必要なのです。


1は

本人にしか決められないこと。


2は

一定以上の努力が必要。


できない

やらない人は

これが無いのです。


せめて

劇的な成功体験を

させたいのですが、

それを経験する前に

逃げ出してしまいます。


家族もそれを

後押ししてしまいます。


こうなると

赤の他人は無力です。


そうならないように

コツコツ

少しずつ

前に進めたいのですが、

勉強には

期限があります。


受験という

期限が。


学力が

一定の基準を示す

資格に過ぎない

という世の中に

早く

なって欲しいです。


なんか

愚痴になった。


それでも

見捨てないで

やっていく。


そう決めたので。


それが私の使命であり

宿命なのでしょう。


自分も

子どもたちも

やるしかない!


行動あるのみですね。


愚痴にお付き合い頂き

ありがとうございました。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page