top of page
  • 学び屋塾長

バカげた夢も大事なものかもしれない

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


モチベーション

という言葉が

やる気

と、勘違いされて

定着して

早20年ほど。


もっと

強い意味で

どちらかというと

衝動

という言葉に

近いのです。


それはいいとして。


やる気にも

2種類あって。


外発的動機

内発的動機。


外発的動機は

いわゆる

ご褒美で

お金・物品などや

褒めるなども

これにあたります。


いつかは

限界がくる。


内発的動機は

達成感や

承認欲求を満たすことや

いわゆる

心の満足です。


で、

最近言われるのが

この

内発的動機が

いかに重要か

ということ。


そして、

その中身が

とんでもないものでも

かまわない

ということ。


いや、

とんでもない方が

エネルギーが

枯渇しないので

有効である

というもの。


つまり、

人に笑われようが

バカにされようが

本人が

ワクワクして仕方がない

くらいの

を持つことが

成長する上での

最高のエネルギーとなる

ということ。


スティーブ・ジョブズ

アインシュタイン

羽生結弦

イチロー

本田圭佑


成功者

と言われる人たちは

みんな

この

ワクワクする

とんでもない

を持っていました。

(今も)


日本は

どうしても

出る杭を

滅多打ちにする社会

なので、

平凡

普通

安定

が最高とされ、

小さいうちに

そうなるように

夢を壊し

ただ勉強だけが

できるように

してしまいます。


そうではなくて、

バカげているかも

知れないけれど

本気で

ワクワクする

夢を

追いかけることが

実は

その人を

最も成長させる

ということを

もっと

声を大にして

言わなければならない

と思います。


およそ

塾講師として

あるまじき

本日の

ブログでした。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page