top of page
  • 学び屋塾長

一人の人間として

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


昨日はなんか

すごかったです。


風邪でフラフラに

追い打ちをかけて

尿路結石の症状まで。

(T_T)


だいぶ良くなりました。


子育てには正解がない。


だから難しい。


でも、

やってはいけないことが、

それも

意外と気がつかないで

やってしまっている

子育てが

あると思います。


それは

親の願望を押し付ける

ということ。


親が望む将来を

子どもに

押し付けている

ということ。


これって

単に

親の願望が

満たされるだけ。


そうなると

子どもは

親の「もの」でしか

なくなってしまう。


これ、

何百年と続く

日本の悪しき風習です。


長男が

家を継ぐのが

当たり前

とか。


これって

その子の人格を

否定していると同じ。


この問題の

質の悪さは

日本の風習だから

それを

悪いことだと

親が

思っていないこと。


親にとっては

当たり前のこと

なのです。


だから、

言いなり人形のように

育てていく。


でも、

いつか

この「言いなり人形」に

自我が目覚める。


そうなると

何もかもが

崩壊していくことも。


だからこそ、

子どもを

一人の人間として、

自立して

自分の判断で

未来を選択できるように

導いていくのが

親の役割。


とても大事なこと。


そのことに

気がついた時、

初めて

本当の子育て

というものが

始まると

思います。


子どもは親の

所有物ではない。


一人の人間として

子どもに接して下さい。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page