top of page
  • 学び屋塾長

不合格と失恋

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


よくあるのですが、

中途半端な気持ちで

中学受験をさせようとする

親御さんから

相談があったとき、

私は

全力で

阻止します。


塾には

あるまじき行為

かもしれません。


正直、

小学校の確認テストで

100点だから

90点以上がほとんどだから

で、

合格できるほど

中学受験は甘くはない。


小学校の確認テストは

80点を切ったら

理解していない証拠で、

かなり危険な状態、

と解釈すべき。


こういう

中途半端な

甘い考えの方ほど

「受けてみるだけですから」

と、言います。


で、不合格になった場合、

子どもは

相当に

傷つきます。


受験が嫌になります。

勉強が嫌になります。


もちろん、

定員割れの私立なら

話は別ですが。

(それで落ちたら…)


受験での不合格が与える

精神的ダメージは

恋愛でフラれるのと

同じ心理です。



自分という人格を

全否定された

と受け止める。


ただ単純に

合格に足りないものがあっただけ。


恋愛なら

相手に自分が

必要とされなかっただけ。


それだけのことなのに、

人生経験の少ない子供は

自分が

全否定されたと

思ってしまう。


これが

小学生なら

なおのことです。


受験や

高校や大学は

あくまでも

通過点なのです。


なりたい自分になる

ための

通過点でしかなく、

なりたい自分になる

ための

手段でしかない。


それを

理解して

理解させて

受験に臨んで欲しい。


失恋も同じ。


本当に

必要なパートナーに

会うまでの

通過点でしかなく、

自分を磨くための

チャンスでしかない。


精神的なケアが

最も

可能なのは

親御さんです。


大切な

お子さんのために、

知っておいて下さい。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page