top of page
  • 学び屋塾長

信じることの意味

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


昨日は

久しぶりのお休みで

久しぶりの

「あ、死んじゃうかも」

という感覚がやってきて

できるだけ

眠るようにしていました。


五十肩も

治まりつつあります(笑)。


本日は

お世話になっている

お寺様へ

合格祈願の御祈祷に

行って参りました。


私は無宗教ですが、

仏教であれ、

キリスト教であれ、

八百万の神々であれ、

「教え」の中には

有難いものがある

という事実を

有難く受け入れております。


信仰心

というものは

よくわからないのですが

信じる

ということは

大切なことなのかと。


その対象が

特定の神なのか

何かの経験・記憶なのか

はたまた

自分自身なのか

それは

人それぞれ

だと思います。


将棋の

加藤一二三さんは

40代になり

勝てなくなった時、

自分に足りないものは

何なのかを、

冷静に分析したそうです。


そこで

気付いたのが

信じる心

だと。


それから

キリスト教の

信者になったそうです。


なぜ

キリスト教になったのかは

存じませんが。


信じる心が

何かしらの

を持っている

ということは

なんとなく

理解できます。


それは

何かしらの

信仰の対象を

思い描いている

念じている

祈っている

時には

その1点に

集中している

から。


1点に集中する

というのは

無になる

の一歩手前。


この状態は

とても

脳と精神に

良い状況です。


一心不乱

という言葉のとおり

実に

あるべき状態

といいますか

いわゆる

ゾーン

に入っている状況に

近いと思いますし、

人によっては

まさしく

ゾーンに入っている

ということに。


受験生だけではなく

生活していく上で

こういう精神状態を

いかに

創り出せるか。


信じるということは

宗教ということを

考えずとも

実は

とても良いこと

だと思います。


皆さんも

一心不乱に

何かを

信じてみては

どうでしょうか?


お薦めは

Yes , I can !

私はできる!

です。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 コロナに負けず がんばれ受験生! もうすぐ 冬期講習です。 (・∀・)ニヤニヤ まあ 一番しんどいのは 年を取ったことを 痛感している 私(笑)。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 目下 中3生は 予習に励んでおります。 今年は じっくり 詳しく やっていくように しております。 中2・中1生は 冬期講習をしませんので 通常授業です。 学び屋は 基本 学校が

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今度は クリスマス寒波 らしい。 学び屋の周辺では コロナが猛威を ふるっております。 罹っている人の 話を聞くと 人それぞれ。 重い人もいれば 風邪程度の人も。 ワクチンは ほぼ関係ない というより 今の主流の変異株には 前のワクチンは あまり有効ではない ということか? 第7波が 収束するころに 医師たちが 感染症対策を しなくてもいい というよう

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 吹雪いたりする。 共通試験まで 1カ月切っております。 受験生は 赤本とか 過去問を 復習しているかと 思います。 復習ですよ。 今頃1回目では… さて、 模擬試験の方は どうでしょうか? 大学入試の場合、 マークシートや オープンテストの 模擬試験は ほぼ確実に 予想問題 となっております。 ですから しっかり 復習して 身につけておくべき。 高校入

bottom of page