top of page
  • 学び屋塾長

全力を出したことがない子たち

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


勉強であれ

運動であれ

趣味であれ

全力を出したことが

どれぐらい

あるでしょうか?


全力で

物事に取り組んだことがない

という人は

本当に

もったいない

と思います。


余計なお世話

かもしれませんが。


全力を出さないと

たどり着けない次元

というのが

あると思います。


客観的レベル

だけではなく

自分自身の心の成長でも

全力を出しているか

そうではないか

で、大きな差が

あると思います。


おおよそ

成功している人って

目の前のことに

全力で取り組んでいて、

目の前のことを

全力で楽しんでいる。


一つ一つの差は

小さいのですが、

若いころからの

積み重ねが

大きな差に

なっている。


子どもたちは

どうでしょうか?


どうも

全力で何かを

成し遂げる

という

経験が無いように

思います。


全力を出す前に

親の手助けが入る。


全力を出す前に

あきらめさせられる。


これって

すごく

不幸なこと

だと思います。


余計なお世話

ですが。


何かを通じて

全力で取り組むことの

大切さを

知って欲しい。


学び屋は

勉強を通じて

それを

分かってもらえれば

と考えています。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 私は 宮城県内の 某進学校の 卒業生です。 全国的に見ると 宮城県で進学校 と言われる高校は 仙台二高のみ だそうですが。 進学状況から言えば そのとおりです。 ま、 一応自称進学校の 落ちこぼれだった 私ですが、 以前、 こんな話を 耳にしました。 その高校は 自由な(自由過ぎる)校風で 有名ですが、 私の頃は 宿題なんぞ ほとんどなく と言うより

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今週は 既に 14時間超労働を 2日 やっています。 (T_T) 去年から さすがに きつくなってきています。 年には勝てない… ( ノД`)シクシク… 学年末試験中です。 明日に備えて 各自 自習しています。 さて、 指導をしていく上で 私が意識するのは 教えるということ ではなく 気付かせる ということです。 基本、 教えるなんて言う 上から目線に

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 同じ内容を 同じ指導で 同じやり方で 同じように実践して なぜ、結果に 差が出るのか? 才能の差? 否定はしませんが 才能がものを言うのは かなり高度な次元です。 では、 差を生むものの 正体は? それは 目的意識。 一言に 目的意識と言っても いろいろ。 生きる目的、 人生の最終目的、 その年の目的、 1ヶ月の目的、 週の目的、 その日の目的、 など

bottom of page