top of page
  • 学び屋塾長

受験勉強の弊害①

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


晴れていますが

湿度は高いです。

不安定な天気

だそうです。


さて、

本日のタイトル、

およそ

学習塾とは思えない

タイトルです。


モジャモジャヘアーの

某有名脳科学者いわく

私どもは

偏差値を食い物にする

くたばるべき職業

だそうです。


ま、

彼も印税のことしか

頭にない

エセ脳科学者に

なり下がってしまいましたが。


これからの受験で

問われること

求められることは

論理的思考

ということに

なっています。


実はこれ

これまでの教育と

あまり

変わっていません。


今の

受験でも

本当の意味で

理解するには

論理的思考ができないと

無理なのです。


では、

何が違うのか?


それは

パターン演習では

合格できない方向に

向かっている

ということ。


これは画期的。


東大生の4分の1は

使えない

という話。


この子たちは

小さいときから

東大に入るための勉強だけ

してきたわけで。


ありとあらゆる

パターンを

繰り返し演習して

記憶している。


だから

初見の問題には弱い。


当然、

社会に出れば

初見の問題ばかり。


そういう問題に

出会ってしまうと…


「習っていないのに

できるわけないじゃないですか!」

と切れる。


そりゃそうでしょう。


これさえやっていれば

大丈夫!

と、教えられてきたのに

そうはいかないのだから。


これではいけない。


ということで、

論理的思考によって

問題解決ができるように

受験の中身を変えて

対応しよう

ということに

なったわけですが…


続く


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page