top of page
  • 学び屋塾長

受験勉強の弊害②

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


続きです。


受験の中身が

論理的思考ができるかどうか

に、変わっていく

という話。


それ自体は

問題ありません。


ただし、

それによって

革新的な人間が育つのか?

というのは

別の問題です。


論理的思考というのは

社会における

マネジメント能力

ということ。


つまりは

「-(マイナス)」を

「0(ゼロ)」に直す力。


試験というのは

解答があり、

それに対して

問題を提起され、

状況・条件を把握し、

分析して、

使用できる理論・定理などを

組み立てて

解答に至る

というもの。


マネジメントも

あるべき理想像(解答)に対して

現状、問題があり、

それらを把握し、

分析して、

解決法を探り、

あるべき状態にする

(=解決する)

というもの。


このマネジメント能力は

組織において

いかなるポジションでも

必要とされる能力

です。


だから、

これを養うことは

プラスではある。


ところが、

それだけでは済まない

世間一般の

勘違い

があるのです。


それは…


続く。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page