top of page
  • 学び屋塾長

受験英語について②

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


皆さん、

人との会話で

「ちょっと、何言ってっかわかんない。」

サンドウィッチマンの

富沢さんのボケが

頭の中で

再生されたこと

ありませんか?


私は

頻繁に

あります(笑)。


生徒との会話で(笑)。


以前、書きましたが

最近の子どもたちは

いや、大人もか?

認知欲求が満たされていない

ので

一方的に

自分の言いたいことを

話します。


この辺に関しては

ブログをさかのぼって

見て頂ければ

有難いです。

(「あなたの居場所はありますか?」

のシリーズです。)


この時、

本人は分かっているので

主語、目的語など

省略して

動詞、形容詞、形容動詞だけで

話してきます。


誰が

誰に

何を

どのように

が抜けていて

どうした

だけ

話します。


これは

日本語の独自の文化

察する

空気を読む

という

相手に解釈を依存する

ということが

前提になっています。


この文化自体は

誇れるものだし

決して悪いものではない。


しかし、

相手と同じ経験を

していない限り

それは伝わらない。


空気を読んだり

相手の言っていることを

想像して

察して

理解するのは

相手と同じ

空間と時間を

共有していないと

無理な話。


つまり

小さなコミュニティー

の中でしか

通用しない。


だから、

日本語での作文も

支離滅裂になる。


ところが、

英語はそうはいかない。


続きは明日に。


最後までお読み頂き

誠にありがとうございます。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 コロナに負けず がんばれ受験生! もうすぐ 冬期講習です。 (・∀・)ニヤニヤ まあ 一番しんどいのは 年を取ったことを 痛感している 私(笑)。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 目下 中3生は 予習に励んでおります。 今年は じっくり 詳しく やっていくように しております。 中2・中1生は 冬期講習をしませんので 通常授業です。 学び屋は 基本 学校が

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今度は クリスマス寒波 らしい。 学び屋の周辺では コロナが猛威を ふるっております。 罹っている人の 話を聞くと 人それぞれ。 重い人もいれば 風邪程度の人も。 ワクチンは ほぼ関係ない というより 今の主流の変異株には 前のワクチンは あまり有効ではない ということか? 第7波が 収束するころに 医師たちが 感染症対策を しなくてもいい というよう

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 吹雪いたりする。 共通試験まで 1カ月切っております。 受験生は 赤本とか 過去問を 復習しているかと 思います。 復習ですよ。 今頃1回目では… さて、 模擬試験の方は どうでしょうか? 大学入試の場合、 マークシートや オープンテストの 模擬試験は ほぼ確実に 予想問題 となっております。 ですから しっかり 復習して 身につけておくべき。 高校入

bottom of page