top of page
  • 学び屋塾長

天の岩戸に学ぶ?

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


どんよりの空。


せめて、

気持ちだけでも

スッキリしたいです。


日本の神話の

天の岩戸のお話。


天照大神が

弟の須佐之男命の

乱暴な振る舞いに

嫌気がさして

天の岩戸に隠れて

この世が

真っ暗になり

凶作や疫病などの

問題が発生。


八百万の神々は

相談して

岩戸の前で

宴会を開き

楽しそうな声などに

思わず

天照大神は

岩戸を開けて、

そのすきに

引っ張り出され

元に戻った。


と、

ザックリ言うと

こんな感じ(笑)。


さて、

ここから

何を学ぶか?


これけっこう

絶妙な心理作戦。


発案者は

知恵の神である

思金神(おもいかねのかみ)。


さすが、

知恵の神。


天照大神が

拗ねて隠れたわけで。


じゃあ、

みんなが楽しんでいれば

気になるわけで。


仲間外れは

嫌なわけで。


さらに、

とどめの一言。


「あんたなんかいなくても

 変わりはいるから。」

(かなり、現代風にアレンジ)


と。


こうなったら、

中二病(笑)の

天照大神は

出てこざるを得ない。


これ、

本当に絶妙。


思金神は

天照大神の

承認欲求を

見事に利用しました。


とどめの一言は

よくよく

相手を見ないと

言えませんが、

他は使えます。


よく

クラスとかで

行事の準備など

するときに、

やる側と

やらない側に

分かれますが、

やらないやつに限って

文句を言う。


そういうやつは

放置して、

やっている側が

楽しくやればいい。


やらないで

文句ばっかり

言っているやつは

大抵

ほぼ100%

承認欲求が強い

要は

かまってちゃん

なので、

自分以外が

楽しそうなのは

許せない。


本当に

困った存在

なのですが、

そんな者(失礼)を

相手にして

気分を害するより、

やる人だけで

楽しくやった方が

いいし、

結果も良くなる。


日本の神話は

教訓めいたものが

随所に

散りばめられているので

そういう意味でも

学ぶべき話

だと思います。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page