top of page
  • 学び屋塾長

定期試験と入試の差の問題

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


雨の中

時々雷がなっています。


取引先様や

他の塾の先生方の

お話を伺っていると、

本当に

極めて

不公平な

入試制度だと

つくづく思います。


それは

評定が

入試に影響する

ということ。


学校によっては

定期試験の

5教科点数が

450点(1教科平均90点 )を

超えていても

入試本番点数

300点ぐらい

というのが

あるようです。


極端な例?


違います。

宮城県ではよくあることです。


それだけ

地域間・学校間格差が

激しい

ということ。


宮城県でも

いわゆる

できる

という子たちは

一部のエリアに

集中しているだけ

です。


残念ですが

これが実態。


学力格差が

拡がるばかりなのは

全国と同じ。


その上、

行政は

さらに

拡大するように

入試制度を含め

諸制度を変えています。


文句を言っても

始まらないので。


そんな中、

どうしていくのか?


それが

これからの私塾

というより

お金持ちが通う

大手私塾

ではなく

中小・個人塾の

課題

なのだと思います。


経済力の差が

学力の差にならないように。


本当に

できるようになりたい子に

しっかりと

教育の場を

提供できるように。


そういう場に

そのような

社会的インフラに

なるように。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page