top of page
  • 学び屋塾長

家族の支えがあればこそ

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


土曜日とか

冬休みなどは

一部の生徒は

長ければ

一日12時間ほど

教室に居ます。


それだけ

勉強しています。


これは

ご家族の支えがあればこそ

できることです。


よく

先生も大変ですね

と言われますが、

私としては

自分自身の目標に向けて

一所懸命取り組んでいる子を

できる限り

サポートしたい

と考えて

できる限りの対応を

しているだけです。


大変なのは

本人はもちろん、

ご家族です。


お弁当持参の場合、

時には

昼食&夕食

ということもあり、

夕方わざわざ

届けに来て頂ける方も。


送り迎えもあります。


諸事、

受験生のルーティンに

合わせて

行動しなければならず

それは大変なことです。


こういう

家族の支えに対して

感謝できるかどうか、

とても大事なことです。


嫌な勉強を

無理やりさせている

と思うのか、

自分自身の将来に対して

ここまでやってくれるのか

と思うのか。


とても大事なこと。


家族の支えに対して

心から

感謝して

今できることに

全力で取り組んで

やれることは

全てやって

最高の結果を

手に入れて下さい。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page