top of page
  • 学び屋塾長

差を生むものの正体

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


同じ内容を

同じ指導で

同じやり方で

同じように実践して

なぜ、結果に

差が出るのか?


才能の差?


否定はしませんが

才能がものを言うのは

かなり高度な次元です。


では、

差を生むものの

正体は?


それは

目的意識。


一言に

目的意識と言っても

いろいろ。


生きる目的、

人生の最終目的、

その年の目的、

1ヶ月の目的、

週の目的、

その日の目的、

など。


もちろん、

それぞれに

あった方が良いでしょう。


ただ、

勉強であれ

運動であれ

それを行う時に

何を習得するのか?

という

目的を

明確にした方が

結果は断然

良くなることは

実験・検証で

明らかになっています。


つまり、

勉強で言うなら

授業に臨む際に

自身で

「今日は○〇を覚えよう」

など

意識を持って

望む方が

覚えやすくなる

ということ。


これは

ほんのわずかなこと。


でも、

結果は

大きく

異なるし、

その積み重ねが

とても大きな

になる。


何事も

ただやるだけは

もうやめましょう。


目的意識を持って

全力で

やってみましょう。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page