top of page
  • 学び屋塾長

手取り足取りでいいのか?

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


仙台は

半袖では

寒いくらいです。


塾は

個人であれ

企業であれ

営利目的が

あります。


それは

なんでもそうでしょう。


なので、

生徒が集まらないと

話になりません。


ですから、

予備校であれ

進学塾であれ

合格実績を

強調します。


なぜか?


偏差値の高いところに

多くの生徒を

合格「させている」

ということが

「成績を上げる」

と、

一般の方が

思い込んでいるから。


実際は異なります。


元々優秀な子が

集まっているだけです。


ま、

それに関して

いずれ。


で、

生徒を集めるには

一番良いのは何か?


短期的な目でいけば

生徒を気持ちよくさせる

ことと

保護者を安心させる

ということになる。


生徒を気持ちよくさせる

というのは

手取り足取り

何でも

「やってあげて」

あたかも

それが

生徒自身でやったかのように

思わせる

ということ。


保護者を安心させるのは

簡単です。


「私たちに全てお任せください」

と言えばいい。


さて、

考えて下さい。


これで

生徒はできるようになるか?


答えは明確。


なりません。


自分でやるからこそ

実力がつくのは

スポーツであれ

仕事であれ

勉強であれ

同じことです。


それに、

他人に全てを任せる親に

育てられた子供は

親の愛情が無い分

成長は難しいです。


この2つは

どちらも

学び屋の指導方針の

真逆を行くものです。


誤解しないで下さい。


塾は儲けてなんぼの

他の職種と同じ

商売なんです。


そうしたくなる気持ちは

私もよくわかります。


でも、

それでは

子ども達

そして

そのご家族の

未来に

何の貢献も

していません。


何でもかんでも

手取り足取りでは…


何のための教育なのか?


決して

安くはない

投資をするのです。


しっかり

見極めて

通わせて下さい。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page