top of page
  • 学び屋塾長

数学への勘違い

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


昨日は久しぶりのお休み。


寝てばっかいると

体が固くなる…


数学ができない子は

本当に多いです。


特に女子。


論理的思考より

感情が優先しやすいのが

女性脳だから?


正直、

定期試験レベルが

できない場合は

男性脳だろうが

女性脳だろうが

関係ありません。


覚えるべきことを

覚えていないだけ。


できる・できない

以前に

やろうとしない

覚えようとしない

だけです。


断言します!

やろうとしないだけ

なのです!

ヽ(`Д´)ノプンプン


好き嫌いで

受験が

希望通りに行くなら

それでかまいません。


名前だけ書ければ

合格するところは

いくらでもあるのだから。


定期試験って

よほどの

高偏差値学校

でない限り

知識の確認

その基本的な使い方

を確認しています。


ですから、

教科書レベルを

やってさえいれば

基本

80点以上は

取れるはずです。


ところが

数学嫌いない子は

数学難しい

を理由に

やろうとすらしません。


勉強でも

勉強以外でも

何でもそうですが

覚えるべきこと

覚えずに

どうやって

できるようになるのか?


数学だけ

別物扱いは

できません。


覚えるべきことを

正確に覚え、

使い方を

マスターするまで

繰り返し

練習・演習して

基本が出来上がる。


応用はその後。


好き嫌いを

優先する子は

基本

勉強が出来るようには

なりません。


やるべきことをやり、

できることを増やし、

やりたいことをやる。


人が成長するときの

基本的な流れは

何をとっても

同じなのです。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page