top of page
  • 学び屋塾長

答えを簡単に教える人は…

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


人生の目的って

人それぞれ

だと思います。


何のために

生きているのか?


非常に

哲学的な問

です。


勉強もそうなのですが、

上記のような

簡単に答えが出ない問題

に対して、

安易に

答えを

教えてしまう人は

ダメ

です。


教える側の

最大の問題は

教えたことによる

自己満足度が高い

ということ。


この業界に

本当に

多いのです。


自分の教え方は

人類史上最高

と思っている

勘違い人間(笑)。


教育の場合、

教え方の良し悪しは

教わった側が

どれだけできるようになったか

です。


その時だけ

理解した「感じ」は

よくあることです。


そうではなく

継続して

理解できているか、

もしくは

類題で

自分自身で

解答を導き出し、

説明できるようになったか

です。


信じられないかも

しれませんが、

本当に

自己満足に浸る人

多いのです(笑)。


話を戻して。


人生の難題に関しても

同じように言えます。


安易に、

人の人生に対して

あたかも

それが正解であるかのように

答えを言ってしまうのは

無責任

だと思います。


国民的アイドルに質問した

どっかのアホな

メディアのように(笑)。


もし

子どもたちが

人生の難題と

向き合って

苦悩しているなら、

その時は…


一緒に悩むこと

です。


答えは

本人が出すしかない。


もしくは

既に答えが出ている

かもしれない。


でも、

言い出せない

表に出したくない

かもしれない。


その時は

その勇気が出るまで

ともに

悩んであげる。


それが

周囲の大人がすべき

指導なのだと

思います。


自分自身で

目標を定め

やるべきことを決め

習慣化して

改善して

成長していく

ように

導いていく。


そして、

ともに悩み

ともに成長する。


これが

指導の王道

なのかと

今は

思っています。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 私は 宮城県内の 某進学校の 卒業生です。 全国的に見ると 宮城県で進学校 と言われる高校は 仙台二高のみ だそうですが。 進学状況から言えば そのとおりです。 ま、 一応自称進学校の 落ちこぼれだった 私ですが、 以前、 こんな話を 耳にしました。 その高校は 自由な(自由過ぎる)校風で 有名ですが、 私の頃は 宿題なんぞ ほとんどなく と言うより

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今週は 既に 14時間超労働を 2日 やっています。 (T_T) 去年から さすがに きつくなってきています。 年には勝てない… ( ノД`)シクシク… 学年末試験中です。 明日に備えて 各自 自習しています。 さて、 指導をしていく上で 私が意識するのは 教えるということ ではなく 気付かせる ということです。 基本、 教えるなんて言う 上から目線に

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 同じ内容を 同じ指導で 同じやり方で 同じように実践して なぜ、結果に 差が出るのか? 才能の差? 否定はしませんが 才能がものを言うのは かなり高度な次元です。 では、 差を生むものの 正体は? それは 目的意識。 一言に 目的意識と言っても いろいろ。 生きる目的、 人生の最終目的、 その年の目的、 1ヶ月の目的、 週の目的、 その日の目的、 など

bottom of page