top of page
  • 学び屋塾長

自己肯定感にも数値目標を

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


先週の

自己肯定感の話の

補足

みたいなものですが、

大事なことを。


自己肯定感を

高めるって

けっこう

安易なやり方を

推奨している

カウンセラーが

います。


こういう人の

安直な方法を

そのままやると

自己肯定感が高い

のではなく

ただのわがまま勘違い

になってしまいます。


どういうことか。


自己肯定感を

高めるために

自分をほめる

という方法が

用いられます。


それはいい。


でも、

結局

どんなに

自己肯定感が高くても

社会で通用しなければ

どうしようもない。


つまり

ある程度の

社会的基準を

満たしていなければ

否定されるだけ。


その時に

自己肯定感が

変に

高い場合、

妙なことを言ったり

最悪

他人を攻撃したり

します。


自己肯定感を

高めるために

あるいは

習慣を変えるために

小さなことから

取り組むのが良い

というのは

お話した通りです。


但し、

その際に、

必ず

数値目標を設ける

ということが

大事です。


しかも、

それは

時間ではなく

量を

数値化する。


腕立て10回

とか

片付けごみ袋1つ分

とか。


時間を目標にすると

内容を問わないことが

多くなる。


学び屋の

鉄則なのですが、

勉強を時間で計らないこと。


子どもたちは

机の前にいることが

勉強時間で

中身は関係ないので。


一部、

優秀な子だけ、

つまり

内容を問えるレベルの子だけ

時間で設定しますが、

他の子は

どれだけやったのか

どれだけ理解したのか

で問います。


どんなに

小さなことから

始めるとしても、

必ず

数値目標を掲げる。


これが

自己肯定感を高め、

習慣を変える際の

大事な

目標設定の仕方

なのだと思います。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 コロナに負けず がんばれ受験生! もうすぐ 冬期講習です。 (・∀・)ニヤニヤ まあ 一番しんどいのは 年を取ったことを 痛感している 私(笑)。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 目下 中3生は 予習に励んでおります。 今年は じっくり 詳しく やっていくように しております。 中2・中1生は 冬期講習をしませんので 通常授業です。 学び屋は 基本 学校が

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今度は クリスマス寒波 らしい。 学び屋の周辺では コロナが猛威を ふるっております。 罹っている人の 話を聞くと 人それぞれ。 重い人もいれば 風邪程度の人も。 ワクチンは ほぼ関係ない というより 今の主流の変異株には 前のワクチンは あまり有効ではない ということか? 第7波が 収束するころに 医師たちが 感染症対策を しなくてもいい というよう

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 吹雪いたりする。 共通試験まで 1カ月切っております。 受験生は 赤本とか 過去問を 復習しているかと 思います。 復習ですよ。 今頃1回目では… さて、 模擬試験の方は どうでしょうか? 大学入試の場合、 マークシートや オープンテストの 模擬試験は ほぼ確実に 予想問題 となっております。 ですから しっかり 復習して 身につけておくべき。 高校入

bottom of page