top of page
  • 学び屋塾長

言葉の意味を定義することの重要性

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


昨日の帰宅時は

ちょっと

寒いくらいでした。


いかなる組織であれ、

使う言葉に関しては

明確な定義が

必要だと思います。


同じ言葉でも

異なる意味で

個々人が

解釈しては

不都合が生じるから

です。


子どもたちは

何も考えず

返事をしたりします。


子どもたちは

何も考えず

とりあえず

その場しのぎの

返答をします。


だから、

言っていることと

行動が

一致しません。


偏差値の高いところを

志望校にしている

けれども

勉強はしない。


次の試験、

高い目標を掲げても

勉強はしない。


それでも、

口に出して言うことは

「本気でやっています」

「本気でそこに行きたいんです」

「本気でその点数取りたいんです」

なのです。


なので、

例えば

本気

という言葉を

定義しますと…


本気

意味:行動せずにはいられない気持ち。


というふうになる。


ある組織で

最低限のもので

使用頻度の高い

言葉は

一つ一つ

明確に

定義しないと。


言葉は

本当に

大事です。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:26回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page