top of page
  • 学び屋塾長

評定が受験に使われていることが問題だけど、仕方がないので取るしかない

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


急に暖かくなるようで…

花粉が…


仙台は

今日か明日に

桜の開花宣言が

出されるそうです。


かねてより

ずっと

言い続けている

極めて

不公平な

受験制度。


評定を

合否の判定に

利用する制度。


3年間の努力の結果

なのだから

良いんじゃない?


一部、それはある。


でも、

評定が

どのように

決まるのか?

というのが

大問題。


ハッキリ言って

基準はない。


つまり、

担当教師の

気持ち次第。


なので、

宮城県の場合、

仙台市中心部及び

泉区の一部

その他の地域

学力格差が大きすぎて、

学力が高いエリアの

3(5段階評価の真ん中)

学力が低いエリアの

5(5段階評価の一番高い)

同じ実力だったりする。


嘘かと思うかも

しれませんが

これが現実。


さらに、

実技教科なんかは

未だに

先生の好き嫌いで

評定が

大きく変わっている。


これも現実。


宮城県の公立高校の

入試制度では

実技は2倍で評価

ですから

より一層

不公平にしている。


そもそも

基準が無いものを

判定に入れること自体が

間違い。(断言)


でも、

いっこうに

正そうとしない

怠慢さ。


あるいは

何かしらの

利権が絡んでいるから

正さないのでしょう。


それでも

子どもたちには

評定が必要だから

取りに行くしかない。


目の前の評定を

取りに行かないと

スタートラインにすら

立てないのだから。


その結果、

定期試験だけの

一問一答レベルばかりやって

理解できないから

入試問題で

やっつけられる。


この受験制度は

弊害でしかない。


早急に

制度変更を

強く希望します。


で、

うちの子たち、

なかなか

よろしい

評定をとってきたので

ちゃんと

認めたいと

思います。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 コロナに負けず がんばれ受験生! もうすぐ 冬期講習です。 (・∀・)ニヤニヤ まあ 一番しんどいのは 年を取ったことを 痛感している 私(笑)。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 目下 中3生は 予習に励んでおります。 今年は じっくり 詳しく やっていくように しております。 中2・中1生は 冬期講習をしませんので 通常授業です。 学び屋は 基本 学校が

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今度は クリスマス寒波 らしい。 学び屋の周辺では コロナが猛威を ふるっております。 罹っている人の 話を聞くと 人それぞれ。 重い人もいれば 風邪程度の人も。 ワクチンは ほぼ関係ない というより 今の主流の変異株には 前のワクチンは あまり有効ではない ということか? 第7波が 収束するころに 医師たちが 感染症対策を しなくてもいい というよう

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 吹雪いたりする。 共通試験まで 1カ月切っております。 受験生は 赤本とか 過去問を 復習しているかと 思います。 復習ですよ。 今頃1回目では… さて、 模擬試験の方は どうでしょうか? 大学入試の場合、 マークシートや オープンテストの 模擬試験は ほぼ確実に 予想問題 となっております。 ですから しっかり 復習して 身につけておくべき。 高校入

bottom of page