top of page
  • 学び屋塾長

認めること①

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


今日は仙台市の中総体新人戦です。


ホームページを

新しくしてから

教育に関わることを

書いていないので

反省。


ちなみに、

右下にある❤マークが

「いいね」ボタンらしいので、

よろしければ

「ポチっとな」

して下さい。

(表現が古い…

 これ分かる人、たぶん、40代以上。

 ちなみにタイムボカンシリーズです。)


教育において

重要視される「やる気」。


そもそも

やる気というものは

存在しないことが

もう脳科学分野や

コーチング、

教育の分野では

常識となっています。


モチベーションは

本来

やる気

ではなく

動機づけ

であり、

内的要因よりも

外的要因の意味合いが強いです。


ただ、

やる気が生まれることは

あります。


やる気が生まれるのは

成功体験

認知された場合

です。


成功体験は

上手くいって

気持ちよかった

とか

いい感じになった

とか、

感情面において

の感情が湧いた場合です。


この場合

数字の結果の大小は

関係なく

本人の感情によります。


例えば、

テストの点数がいつも

80点の子が

90点とっても

成功体験にはなり難いですが、

50点の子が

60点になる場合は

成功体験になりやすいです。

(たぶん、伸びしろをどう感じるかの問題)


成功体験の

感情面における点は

他人がコントロールするのは

難しいです。


一方、

認知する場合ですが、

これは当然

他人がその人を

認める

ということなので

認める側が

ある程度

コントロールできます。


そもそも

人には

認知欲求というものがあり、

認めてもらいたいという

本質的な欲求があります。


この欲求を満たすことで

いわゆる「やる気」を

引き出すことができます。


ただし、

これをする際に

注意することがあります。


それは…

(続く)

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 私は 宮城県内の 某進学校の 卒業生です。 全国的に見ると 宮城県で進学校 と言われる高校は 仙台二高のみ だそうですが。 進学状況から言えば そのとおりです。 ま、 一応自称進学校の 落ちこぼれだった 私ですが、 以前、 こんな話を 耳にしました。 その高校は 自由な(自由過ぎる)校風で 有名ですが、 私の頃は 宿題なんぞ ほとんどなく と言うより

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今週は 既に 14時間超労働を 2日 やっています。 (T_T) 去年から さすがに きつくなってきています。 年には勝てない… ( ノД`)シクシク… 学年末試験中です。 明日に備えて 各自 自習しています。 さて、 指導をしていく上で 私が意識するのは 教えるということ ではなく 気付かせる ということです。 基本、 教えるなんて言う 上から目線に

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 同じ内容を 同じ指導で 同じやり方で 同じように実践して なぜ、結果に 差が出るのか? 才能の差? 否定はしませんが 才能がものを言うのは かなり高度な次元です。 では、 差を生むものの 正体は? それは 目的意識。 一言に 目的意識と言っても いろいろ。 生きる目的、 人生の最終目的、 その年の目的、 1ヶ月の目的、 週の目的、 その日の目的、 など

bottom of page