top of page
  • 学び屋塾長

高得点で悔しがる

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


今年4度目の

尿路結石。

(T_T)


専門医に行きました。

検査結果が2週間後。

ああ…

(T_T)


期末試験の結果が

少しずつ

返却されています。


で、

おもしろいのが

高得点、

具体的には

1、2問

間違った程度の

高得点の子が

悔しがっている

ということ。


これ

伸びしろが

まだある証拠。


伸びない子

とか

ラッキーパンチで

高得点をとった子は

これで満足しますから

悔しがりません。


ところが、

伸びる子は

この1・2問に対して

「もっと勉強しておけば」

とか

「見直ししとけば」

とか

反省が出てきます。


で、

次の試験の時に

より勉強し、

より注意深くなる。


むしろ

ちょっと

良い点を取ったくらいで

喜んでいるようなら

危険信号。


100点って

そうそう

取れるものではない。

(とは思っていませんが)


でも、

100点の快感は

凄まじいもの。


それが

学年に一人とかだと

そりゃ~もう!


定期試験や

自分が得意とする教科は

100点を狙うべき

です。


100点をとる

という執念が大事。


まだまだ伸びる。


決してあきらめずに

狙い続けて下さい。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page