top of page
  • 学び屋塾長

高校受験というものは①

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


毎年

同じことを

書いていますが、

子どもにとって

高校受験とは

どういうものなのか?


中学受験を

していない場合は

宮城県なら

初めて

1万人以上の他者と

争うことに

なるわけです。


いわば「初陣」なわけです。


実際は

受験校別なので

5~600人ぐらい

なのですが、

それでも

小規模な

戦(いくさ)レベルなわけで。


そりゃ~

不安になりますよ。


ただね、

長い人生の中で

その時点で

つらい・苦しい・不安…

という

マイナス要素があって

そこで

どうするかが

すごく大事でして。


逃げるの?

それとも

突き進むの?


逃げれば

後悔と

逃げ続ける人生が

待っています。


どこまでも。


突き進めば

失敗しても

必ず

どこかで

救われます。


不思議なもので。


未来から

現在を見る

ということを

して欲しい。


そうすれば

何をすべきかが

分かるから。


それでも

不安になるのは

子どもなりの

理由があるから

なのです。


続きます。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page