top of page
  • 学び屋塾長

高校受験というものは③

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


豪雪地帯では

早くも

1mを超えたそうで…


続きです。


子どもが抱える

親(家族)に対して

迷惑をかけてしまう

という不安への

対処。


前回は

頑張っている子にしか

出てこない

と言いました。


矛盾している

かもしれませんが、

こういう子には

そのまま

頑張ってもらいます。


なぜか?


それは

頑張っている子の親は

子どもが

頑張って

成長してくれることが

一番の喜びで、

結果がどうなろうと

あまり気にしていないし、

悪い結果でも

決して

子どもを責めるようなことはなく、

むしろ

しっかりフォローしてくれる

からです。


だから

大丈夫なのです。


その心配をせずに

自分の未来へ向けて

今を

一所懸命に

できる限りのことをすれば

それでいいのです。


受験に100%は

ないのです。


何が起こるかは

分からないのです。


ただ

できるだけ

不確定な要素が

入り込まないように

やれることは

すべてやる。


まさに

備えあれば患いなし

です。


ま、

それを

頭で分かっても

なかなか

感情では

割り切れないのですが。


それでも

前だけを向いて

取り組めるようにするのが

子どもを支える

優位の大人の役割。


できる限りのことをして

初陣を飾らせてやりたい。


その一翼を

これからも

担っていきたいと

思います。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page