top of page
  • 学び屋塾長

一歩ずつ⑤

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


週末ともなると

疲労がハンパない…


続きです。


情報整理能力を

鍛えるために

お薦めな勉強法。


それは

読書。


ただ本を読んでも

効果が低い。


読んだ範囲を

5W1Hで

整理する。


いつ

どこで

誰が

何を

どうした

どう思った。


さらに、

その範囲の

テーマは何なのか?

加えて、

その範囲での

筆者の意見に対しての

自分の意見を書く。


物語なら

感想を書く。


情報整理は

箇条書きで十分。


意見文や

感想文は

200字程度で

(原稿用紙半分)

十分。


的確に

情報を

取り出す訓練を

していく。


図にしてみるのも

良い訓練。


これは

今、求められている

問題解決能力の

育成にもなる。


問題点の抽出も

情報の整理も

「見つけ出す」

という点で

変わらないから。


さて、

この情報整理が

できるようになったら

次はどうするか?


それは次回に。


思った以上に

長いシリーズに

なりそうです。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page