top of page
  • 学び屋塾長

一歩ずつ⑥

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


昨日、ほとんど寝ていたのに

まだ眠いです。


疲労が抜けないので

体調管理に注意しないと。


冷房入れずに

掃除していたら

熱中症になりかけたし。


さて、続きです。


情報整理が

できるようになったら、

ある意味

また情報整理です。



問題の中に

隠れている情報を

見つける訓練です。


特に

数学や理科においては

最近では社会でも

この能力が

求められています。


暗記系教科も

もはや

暗記だけでは

通用しません。


図やグラフ、

いわゆる

資料に

隠れている情報を

拾い上げます。


これが出来ないと

正解にたどり着けない

ということが

多くなってきています。


厄介なのは

数学の図形。


宮城県でも

過去2年間

後期入試で

正答率0%の

図形の問題が

ありました。


前期で合格の子でも

できて数名でしょうけど。


これは

点数差をつけるために

出さざるを得ない問題

なので、

こういうのは

気にしなくてよい。


一次関数とか、

理科とか社会とかは

資料の中に

ヒントがあるので

しっかり

探し出すこと。


定期試験の数学は

点数がとれても、

模擬試験とか

入試問題が出来ない子は

これが出来ない

ということが

多いです。


図やグラフを

読むだけではなく

そこに隠れている

条件を見つけ出す。


これは

意識して

取り組まないと

出来るようには

なりません。


これが

できるようになるために

一つお薦めの方法が

あります。


それは…


また続きます。

<(_ _)>


暑い日が続きます。

皆様どうぞ

ご自愛ください。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page