top of page
  • 学び屋塾長

一歩ずつ⑧

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


続きです。


いよいよ

答える

という段階に

入ります。


解答は

相手に伝わるように

書くこと。


いずれ

機械で書くことに

なるのだから

字は汚くてもいい

と、言われますが、

手書きで書く以上

そこには

書き手の気持ちが

反映されます。


自分だけ分かればいい

という字で書くと

それも

相手に伝わります。


そういう心で

果たして

良いのでしょうか?


それから

国語、理科社会の

記述問題なら

日本語の文法や

誤字脱字、

用いる言葉が適切か

などの確認。


数学の証明なら

論理的な説明に

なっているか

などの確認。


こういうところを

訓練する必要がある。


要は

日本語の訓練だし、

これも

一種の

相手に伝える技術

であります。


こういうところ

大事にしないと

分かっていても

点数をとれない

ということに

なりかねません。


「詰め」の作業として

確実に

身につけて下さい。


そろそろ

終わりにしたいのですが

まだ続きます。


熱中症に

ご注意下さい。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page