top of page
  • 学び屋塾長

一歩ずつ⑨

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


聞き飽きているとは

思いますが、

熱中症に

ご注意下さい。


私もですが。


続きです。


勉強する習慣、

正確に覚えること、

情報整理すること、

何をどう使うのか、

など

これまで

書いてきましたが、

一言で表すと

理解する

ということです。


これだと

分かり難いので

もう少し踏み込みますと

説明できる

ということ。


これができるようになる

ステップを

説明してきました。


説明できるようになったら

やって欲しいことが。


それは

タイムアタック。


復習するときでも

初めてやるときでも

時間を決めて、

できれば

標準時間の8割以内で

解くようにする。


本番での

プレッシャーに

備える訓練

ということ。


その他、

見直しの時間を

持てるようにするために、

スピードを

上げる訓練でもある。


時間を意識して

時間を大切に

行動することは

日本においては

とりわけ

重要なこと。


ここを

意識して

行動するのが

最後の仕上げ。


以上、

長いシリーズでした。


夏期講習も

後半戦です。


バテ気味ですが、

なんとか

少しでも

生徒の未来に

プラスになるように

ビシバシ

やっていきます!


皆様

どうぞ

ご自愛ください。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 春があったのか? というくらい すぐに梅雨です。 さて、 長かったシリーズも 本日で一区切り です。 今日は 復習するのは当たり前 という話を。 学び屋では 理解する=説明できる という定義があります。 理解するまでやる。 これが大事。 ところが、 できない子ほど 言い訳として やってもできない を言うわけです。 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 いや~ 長いですね。 このシリーズ。 今まで書いてきたことを まとめているので それなりに 長くなります。 今日は 問題を解いていく上で 試験で問題を解く だけではなく 社会で問題を解決する ということに 絶対に必要な能力 情報・問題整理能力 について。 これを養うには まずは 読解力。 著名な数学者が こぞって言う 数学よりも国語 というのは ここに

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 まだまだ続きます(笑)。 <(_ _)> 国語力を養うには 何をすべきか? よく言われるのが 読書 です。 正解でありますが これも 勉強法の一つ なので 成果が上がらないやり方 をすれば 当然、 学力は上がりません。 よくいますよね? 読書好きだけど 学力はそうでもない人。 まず、 読書をする限りでは 知らない言葉 意味が分からない言葉 を、放置しな

bottom of page