top of page
  • 学び屋塾長

勘違い

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


学び屋は

塾っぽくないところが

ある意味

「売り」

であります。


アットホームだし、

教室は手作り感満載だし、

「お父さん感がスゴイ」

ってアシスタントに言われるし。


やるべきこと

やらない場合は

男女関係なく

容赦はしませんが。


で、

他にも

一般的な塾とは

ちょっと違うところが。


それは

順位にこだわらない

ということ。


基本方針として

その子自身の

将来の目標に対して

それに見合った

できれば

余裕があるぐらいに

成長してもらえれば

というものが

あるから。


〇〇高校何人合格

とか

そういうのは

塾側の生徒集めに関わる問題

でしかない。


生徒の将来の目標に

合っていれば

どこだってかまわない。


それから、

過去にも

優秀な成績で

模試とか

すごい順位取った子

いますが、

別に宣伝しない。


これは

優秀な子は

放っておいても

優秀だから。


本当に優秀な子は

言われなくてもやるし、

自分で工夫するし、

どうしても

どうにもできない時だけ

頼って来るので

精神的ケアだけ

心がけておけばいい

から。


だから、

その素晴らしい結果は

私の功績ではなく

その子とそのご家族の功績

なのです。


よって、

宣伝に利用するなんて

勘違いでしかない

という

私自身への戒めを

しているから

特段、騒ぎ立てません。


勉強をしない、

学力が低い、

こういう子を

育ててこそ、

塾の価値がある

と、考えていますので、

そういう子が

頑張って

成績が上がったときは、

情報を共有して欲しいから、

チラシにもしますし、

HPにも載せます。


もちろん、

それだって

本人が努力し、

ご家族が支えたからこそ

出来たことで、

私は「きっかけ」でしかない、

と考えています。


林先生も言っています。


自分は普段、

とても楽をしている。

優秀な子に教えるのは楽。


出来ない子、

やらない子を

勉強させるのは

本当に難しい。


と。


いい意味で

勘違いして

良い方向に進むなら

それでいいでしょう。


でも、

人の手柄を

自分の手柄だと

勘違いするのは

慢心

でしかないと

考えます。


そういうことに

ならないように、

謙虚に

しかし、

日々の努力・改善を

怠らないように

これからも

努めて参ります。


最後までお読み頂きまして

誠にありがとうございます。

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 私は 宮城県内の 某進学校の 卒業生です。 全国的に見ると 宮城県で進学校 と言われる高校は 仙台二高のみ だそうですが。 進学状況から言えば そのとおりです。 ま、 一応自称進学校の 落ちこぼれだった 私ですが、 以前、 こんな話を 耳にしました。 その高校は 自由な(自由過ぎる)校風で 有名ですが、 私の頃は 宿題なんぞ ほとんどなく と言うより

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今週は 既に 14時間超労働を 2日 やっています。 (T_T) 去年から さすがに きつくなってきています。 年には勝てない… ( ノД`)シクシク… 学年末試験中です。 明日に備えて 各自 自習しています。 さて、 指導をしていく上で 私が意識するのは 教えるということ ではなく 気付かせる ということです。 基本、 教えるなんて言う 上から目線に

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 同じ内容を 同じ指導で 同じやり方で 同じように実践して なぜ、結果に 差が出るのか? 才能の差? 否定はしませんが 才能がものを言うのは かなり高度な次元です。 では、 差を生むものの 正体は? それは 目的意識。 一言に 目的意識と言っても いろいろ。 生きる目的、 人生の最終目的、 その年の目的、 1ヶ月の目的、 週の目的、 その日の目的、 など

bottom of page