top of page
  • 学び屋塾長

正攻法

更新日:2022年4月8日

ご訪問頂きまして

誠にありがとうございます。


只今、

中学準備講座を

行っております。


新中1生を対象に

それぞれ必要と思われることを

じっくり

やっています。


で、

毎年出てくる問題が

今年も出ております。


それは

正しい計算方法

というか

正しく計算過程が書けない

という問題。


これ、

最近は減ったようですが、

学校の先生も

嘘を教える。


これは

=(イコール)の意味を

分かっていない人が

安易に

分かりやすいだろうと思って

教えているために

かえって

算数・数学ができなくなる

という悪循環に陥る。


未だに

そういう「誤った」教え方を

している塾・講師もある。


なぜ、正攻法の

正しい手順を

身に付けさせないのか?


以前、

某私立小学校の6年生が

割り算すら

まともにできない

ということがありました。


その学校

やたら「○○大学合格」を

ひけらかし

宮城県のトップ高校に

偏差値で勝った模試「だけ」を

やたら宣伝する学校なのですが、

どうやら

正しい手順を教えずに

いきなり

テクニックだけを教えて、

結局

なぜ、そのような

テクニックができるのかについて

こどもたちは

まったく

理解していなかったようです。


おかげで

学年が進めば進むほど

算数・数学はボロボロに…。


あれほど

高偏差値を売りにして

それを目当てに

入学させた親御さんの

がっかり度合いと言ったら…


がっかりというよりは

怒り

ですが…


まずは

正攻法

正しい手順を

正確に覚え、

演習を繰り返し、

そこで余裕があるなら

テクニックを

身に付ければいい。


未だに

受験のテクニック

とか

難問・奇問の解き方

とか

学校が積極的に

やっていること自体が

信じられないし

それって

学校なの?


塾ですら

そんなことやっているところ

減ってきているのに。


思考力とか

表現力とか

求められている今、

こういう

受験テクニックって

最も

使えないテクニック

です。


学校とか

塾を選ぶときは

こういうところまで

確認した方が

良いみたいです。


最後までお読み頂き

誠にありがとうございます。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 コロナに負けず がんばれ受験生! もうすぐ 冬期講習です。 (・∀・)ニヤニヤ まあ 一番しんどいのは 年を取ったことを 痛感している 私(笑)。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 目下 中3生は 予習に励んでおります。 今年は じっくり 詳しく やっていくように しております。 中2・中1生は 冬期講習をしませんので 通常授業です。 学び屋は 基本 学校が

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 今度は クリスマス寒波 らしい。 学び屋の周辺では コロナが猛威を ふるっております。 罹っている人の 話を聞くと 人それぞれ。 重い人もいれば 風邪程度の人も。 ワクチンは ほぼ関係ない というより 今の主流の変異株には 前のワクチンは あまり有効ではない ということか? 第7波が 収束するころに 医師たちが 感染症対策を しなくてもいい というよう

ご訪問頂きまして 誠にありがとうございます。 吹雪いたりする。 共通試験まで 1カ月切っております。 受験生は 赤本とか 過去問を 復習しているかと 思います。 復習ですよ。 今頃1回目では… さて、 模擬試験の方は どうでしょうか? 大学入試の場合、 マークシートや オープンテストの 模擬試験は ほぼ確実に 予想問題 となっております。 ですから しっかり 復習して 身につけておくべき。 高校入

bottom of page